総務委員会委員長 

山本 駿明

 

 

知多青年会議所に入会し5年目になり、総務委員会委員長という大役を仰せつかりました。組織運営の基盤となる役割をいただいた機会に感謝するとともに、身の引き締まる思いです。

 

知多青年会議所はこれまで地域のリーダーを輩出し、規律に則って運動発信をする組織へと成長してきました。組織である以上、組織運営・財務管理のしっかりした基盤がなければ組織内の成長も市民への発信もないと私は考えます。これからも豊かな社会の実現に向けたJC活動を継続していくためにも、さらにメンバー一人ひとりに組織への愛着心及び組織の規律を持ってもらいメンバー全員で繋がりの強い組織を構築する必要があります。

 

まずは、総務委員会として健全な組織運営を行うために、財務の管理をもちろんのことですが、総会、理事会等の諸会議の厳正な設営と運営体制を構築していくと共に、会議内容に関する質の向上を追求し、メンバーには自分たちの会費の内訳などを認知して頂きます。適切に情報共有することで参画意識が育まれると同時に組織への信頼感を醸成させ結束力を高めます。また、案内は表面的なITツールに頼るだけでなく、メンバー同士の対話を重視し、役職、年齢という固定概念にとらわれず、コミュニケーションがとれるよう総務委員会が橋渡しをし、個の力を十分に発揮して参ります。そして、メンバー一人ひとりが活躍できる素晴らしい組織に致します。

 

また、総務委員会としての役割である広報は既存の物を有効活用するとともに、SNSでの動画発信を重点的に活用していきます。今までとは少し違った角度から知多青年会議所を多くの方に知っていいただけるよう積極的な活動をして参ります。

 

最後になりますが、現状に即した体制と環境を整備しその先の明るい未来に向けた取り組みと次世代への継承を果たしていきます。1年間精一杯活動して参りますので、皆様ご指導ご鞭撻よろしくお願いします。

 


  ひとづくり委員会委員長

  新美 泰樹

 

 

2020年度、ひとづくり委員会委員長という大役を仰せつかり、期待をもつと同時に大きな責任感と使命を感じております。

私は知多市岡田で生まれ育ち、海外での生活を経て、たくさんの経験をしてきました。その中でも各国で出会った人たちの地元に対する愛の強さを感じられたことは、私自身の心に大きな変化を与えました。私が愛する知多というまちは、世界へもアプローチできる魅力がたくさんあると確信しています。ただその魅力に気づくことなく、過ごしているような気がしてなりません。知多の魅力を発信するために、まず私たちの身近に存在する、魅力に気づくことから始めなければなりません。魅力を感じることができれば、人は少しずつその地に自信を持ちはじめ、自ら行動を起こし、その人がまちを作り、そしてまちを変えていくのです。その変化を先導していくのが私たち青年会議所ではないでしょうか?

 

 本年度、理事長の掲げる想いを実現するため、メンバーがまず本気で地域の魅力に気づき、学ぶ必要があります。ひとづくり委員会は若い世代が多く、私を含め未知の可能性を秘めたメンバーで構成されています。個々のメンバーが青年会議所の活動をしっかり理解し、発信できる自信を身に付け、まちにとって影響力のある人財になれるよう先導していきます。そして、地域の人たちとしっかり交流をはかります。一人ひとりが少しだけ成長できれば、組織として大きな成長になります。成長した私たちが伝える、魅力やパワーはまちの人たちに大きな影響を与えることは間違いありません。そしてまちの人たちに変化が現れれば、自ずとまちの魅力は世の中に浸透していきます。

 

 最後にこれから1年間たくさんの壁にぶつかり、考えることもたくさんありますが私自身に与えられた「修練」だと思い、しっかり取り組んで参ります。

皆様方の暖かくも厳しいご指導、ご鞭撻を頂きますようよろしくお願い致します。


  会員拡大委員会委員長

  髙橋 秀政

 

 

 本年度、会員拡大委員会委員長を担わせて頂き森田理事長をはじめとする知多青年会議所の皆様には感謝の気持ちとその重責に身の引き締まる思いです。

 

知多青年会議所という学び舎で同志と共にまちの未来のために活動や運動を行い多くの学びや出会いを得られることができました。知多青年会議所の先輩諸兄から紡いできた歴史や伝統を継承し、まちに大きな影響力を与え続けていくためにもさらなる会員の拡大が必要です。

 

本年度は10名以上の会員拡大目標を掲げ、現役メンバーだけではなく知多青年会議所関係者の皆様からも拡大候補者の情報をいただき積極的な拡大活動を実施します。知多青年会議所メンバーが青年会議所の魅力を知り、その魅力を拡大候補者へ伝えられるようになり全メンバーが幅広い会員拡大活動を行えるようにします。また会員拡大の成功事例を取り入れながら、知多青年会議所に関わるすべての皆様からいただいた情報を元に拡大候補者と直接会い、交流会を開催し拡大候補者が知多青年会議所の魅力を肌で感じ成長したいという意識を持ち入会できるような企画、実施を致します。

 

そのために、「次代に繋ぐ拡大意識」、「メンバーが増える喜び」を共感し委員会メンバーが一年間継続して活動に取り組めるよう行動で示し牽引していきます。

 

絆の強い仲間と共に活動を行い、新入会員を迎えることで知多青年会議所のさらなる発展に繋がると考えます。そして楽しみながら運動発信して多くの学び、熱い友情を得られる一年になるよう活動してまいります。また市外の青年会議所メンバーとの出会いや、大きな成長に繋がるチャンスになる対外事業に全メンバーの参加を促し設営等も行っていきます。

JC活動の要である拡大活動によって多くの候補者を同志として迎え、「修練」「奉仕」「友情」の三信条のもと覚悟を持ち取り組んでいきます。皆様からのご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。