活動実績:

知多青年会議所2018年度 9月例会

2018年9月8日(土)

知多青年会議所2018年度9月例会

テーマ「見て、聞いて、感じろ~愛知ブロック大会~」

 

愛知ブロック協議会の集大成の場である愛知ブロック大会へ参加して参りました。知多青年会議所としては、参加する目的を「大きな事業を肌で感じ、今後の活動の糧とする」と定め、9月例会としての参加と致しました。

本年度、愛知ブロックへ出向しているメンバーが多く、特にメインフォーラムを企画運営した山本駿明君、阿部直弘君や飯田健志君を激励しそして活動を見て参りました。愛知ブロックでの彼らの活動を知ると、知多青年会議所単体で行うものよりも事業スケールが大きく、今後の活動をより活発にし効果的な運動を発信する糧とする事が出来ました。

またその後の懇親会では、2019年度理事長予定者の阿部直弘君と本年度卒業生の藤澤智君が登壇し多くのメンバーからの声援を受けました。

知多のことをさらに考え、ブロック大会で培った学びを活かし、今後も知多青年会議所は勇猛果敢に積極的な行動をして参りますので、どうぞ宜しくお願い致します!

知多青年会議所2018年度 青少年育成事業

2018年8月4日(土)、5日(日)

「おいじゃあドリームパーク~だれにも負けないでかい夢~」

 

8月4日土曜日、8月5日日曜日に知多市佐布里緑と花のふれあい公園冒険の森にて青少年育成事業を行いました。

内容としては、参加してくれた子供たちの夢を少しでも大きくするために、信念を貫く力・果敢に挑む力・失敗にもくじけない力を養っていただくために竹で自ら想い描いた自由な発想で遊具つくりを行いました。本年度はサポーターに65歳以上の方々もお招きし今と昔の夢の違いを遊具作りを共に行う事で子供たちに肌で感じて頂きました。また、50m級の巨大流しそうめん作りにも挑戦し大きなケガ等もなく無事に大きな夢へ導く良き事業となりました。今期は気温が高く心配されていた熱中症等にかかってしまったメンバーがいましたが看護士の適切な対処により何事もなく終われました。

 

 

ダウンロード
知多メディアスで2018年8月7日に放送された動画です
chita_news_MP4_20180807_286.mp4
MP4動画/オーディオファイル 22.7 MB

2018年度7月例会

2018年7月29日(日)

「小さな一歩から大きな夢へ」

 

知多市青少年会館ホールにて7月例会を行いました。

内容と致しましては、講師に新青樹の竹内より子氏をお招きし子どものより良い導き方を講演頂き、実際にこどもクイズと称した子供からの質問にどう答えたらベストなのかを体験する設えで行われました。

青少年育成事業に参加頂くサポーターの方々にも参加頂きより良い学びとなりました。

また、同日同会場にて青少年育成事業のオリエンテーションも行われ子供たちとその保護者に説明かいを行い、理解を得たうえで参加して頂くための準備を行いました。内容は事業で行う遊具作りの構想を子供たち自らで考え必要な物、工程などを決めました。子供たちのワクワクした瞳にメンバーの意識もより一層高まりました。

 

知多5JC交流会

2018年度6月26日

「熱い想いを絆に変えて~想いをアタック絆ドッチビー~」

 

私たち青年会議所は同じ目標である「明るい豊かな社会の実現」に向かって走り続けています。知多5JC交流会では各青年会議所メンバーとの絆を深め協力をしあうことを目的とし。知多青年会議所が所属する知多5エリア5LOM(大府JC・知多JC・東海JC・常滑JC・半田JC)とがドッチビーを通じて交流を図り、今まで以上に絆を深めながら協力しあう事の大切さを学ぶ事を行いました。


知多5JC連絡協議会 5月合同例会審議

2018年度5月16日

「知多5は一つ ~10年先の子どもたちのために~」

 

事業・例会内容としては(一社)関青年会議所 宮本覚動君を講師にお招きし、「挑戦し続ける大人になるためにはどうしたらいいのか」についてご講演いただきました。その後、宮本君と(一社)東海青年会議所の先輩である近井洋一先輩とがパネリストになり、知多青年会議所の森田太郎君がコーディネーターとして、お二人から挑戦し続ける大人になるためのキッカケやモチベーション維持等についてお話を引き出し、パネルディスカッションにて語り合っていただきました。


JCカップ U-11少年少女サッカー大会 知多5エリア予選

2018年4月28日

JCカップ U-11少年少女サッカー大会 知多5エリア予選

 

知多市総合運動公園ふれあい広場にて知多半島の5チームによる総当たり戦でのサッカー大会を開催致しました。

小学5年生までの子供たちにサッカー(8人制)を通じ、他者を思いやる精神を育み自己の成長へ繋げていただきたいという想いの元開催しております。

当日は26度まで気温が上がりましたが、青空の下、熱い試合が繰り広げられました。

優勝した名和SS、準優勝の旭FCの2チームは、5月13日(日)に刈谷で行われる愛知県大会に出場致します。

知多エリアを代表するこの2チームを、是非応援して下さい。 

 

優勝:名和SS(東海市)

準優勝:旭FC(知多市)

フェアプレー賞:知多SC(半田市)

 

また当日の模様は知多メディアスでのニュースでも取り上げられました。

(下記URLをコピーしていただき、Googleの検索バーに貼り付けて検索すると動画を観ることができます)

(動画は知多メディアスチャンネルのmediasエリアニュースからも検索して観ることができます)

 http://movie.medias-ch.com/stream/2018/chita_news_MP4_20180502_975.mp4

 

ご参加いただきました、名和SS、旭FC、知多SC、ハピネスFC、セントレアFC(順不同)の皆さま、本当にありがとうございました。

 


4月例会

2018年4月12日

 

4月例会テーマ

「意識向上~目標の実現へ向けて~」

 

仲間意識を高めることで、今後のJC活動や会員拡大活動に対する意識向上に繋がり、活気に溢れた組織にすることができます。その仲間意識を高めるために切磋琢磨できる環境を作り出し、実践いたしました。

1本2リットルの水が入ったペットボトルを2本(合計4リットル)リュックサックに入れて背負い、フットサルをしました。久しぶりの運動というメンバーが多い中、通常よりも負荷のかかる状況でのフットサルは辛く、より身体にこたえました。ですが、だからこそ仲間が頑張っているのだから自分も頑張ろうという意識を持つことができ、4月例会の目的である「切磋琢磨し合う事で、仲間意識を更に高めること」を達成することができました。

また、当日は新入会員予定者の水田君にも参加していただけたため、会員拡大に対する意識もさらに高まりました。

 

普段から切磋琢磨できる仲間や環境はお持ちでしょうか。知多青年会議所では、様々な業種の人が集まって活動しています。仕事の進め方も違う人たちが同じ目的達成に向かって手段を考え出して実践していますので、今回のような一見遊びとも思えるフットサルをすることも出来ます。

20歳~40歳の方であれば、会社員の方でも入会することができます。知多市のため、知多半島のため活動しましょう!


3月例会および愛知ブロック協議会公式訪問

2018年3月16日

 

3月例会テーマ

「おもいを持たずには伝わらない!おもいのこもった伝え方を学ぼう!」

 

人に何かを伝える際、なかなかこちらの言いたいことが伝わらなかったことはありませんか?また、人前で話す際、覚えていたはずの言葉が出てこないことはありませんか?おそらくほとんどの人がこの経験をしています。

逆に上手く話せなかったと思っても、相手に伝わっていることもあると思います。

何が左右するのか。「おもい」だと思います。

 

そこで、同日、愛知ブロック協議会公式訪問が行われましたので、愛知ブロック協議会が発表する基本方針を聴き、どのようにおもいを伝えているのかを学びました。

愛知ブロック協議会は簡単に言えば愛知県青年会議所です。愛知県内各地から集まり、地元だけでなく愛知をより良くしようとしている人たちです。そんな彼らの事業対象者は愛知県民です。動かそうとしている人の数がとても多いので、より強いおもいを持ちそして上手に伝えなければ、参加してみようだとか、見てみようという気にさせることができません。

そこで、私たち知多青年会議所メンバーは、発表の元になる基本方針を読み込み、内容を把握した上でどのようにおもいを伝えているかを観ました。

 

知多青年会議所の基本方針発表もあり、飯田専務によって確りと伝えることができました。カンペやパワーポイント等の資料も一切なしで、約5分間会場にいるおよそ100名程度の人に説明を行いました。本年度の意気込みは物凄いものがあると感じた5分間でした。

 

結果として、おもいを伝えることに関して一人ひとりに学びがあった例会とすることができました。

この学びを今後の青年会議所活動に活かして日々邁進して参ります。

 

皆さんはどのように自分の「おもい」を伝えますか?

青年会議所では、このような学びの機会を得ることが出来ます。自分の成長につながることをしながら、まちのためにも活動が出来る。自分たちのまちをより良くするのは誰でしょうか。20歳~40歳の方であれば入会資格があります。一度お問い合わせをいただければと思います。

より多くの方からのご連絡をお待ちしております。 


2018年度2月例会

2018年2月8日

祝!100%出席達成!!!

2月例会テーマ

「貫け!夢へ繋がる熱いおもい」

 

子どもたちが大きな夢を持ち、これからの人生で大切なものを学ぶために青少年育成事業を行う必要があります。

その前にまずは私たち大人が、何事にも動じない新年を貫くことで、子供の導き手にならなくてはいけません。

そこで今回、融和塾代表 松井直人氏に講演をしていただき、信念を貫くことの大切さを学びました!

 

「伝えたいことを単調に普通に話していたのでは、伝わらない」

そのため、かなり熱い口調でのご講演をいただきました。その人柄があってこそだと思いますが、学校で授業をまともに受けなかった生徒をオリンピックに出場させる等、やればできる!ということを体現し続けてきた方です。

 

人間誰しも調子がいい時悪い時がありますが、そんな時こそ、「俺を信じて着いてこい!絶対にオリンピックに出場させてやる!そのかわり厳しいぞ?」と本気で言える先生だったようです。写真や動画を見せていただき、松井先生の過去の話がまるで今目の前でドキュメンタリードラマを観ているかのように伝わってくる。そんな迫力あるご講演でした。

 

今年の夏には、実際に青少年育成事業を行う予定ですが、まずは私たち大人が信念を貫く大切さを学べた例会となりました!

 

また、本例会において、正会員16名の出席により100%出席を達成することができました!

髙橋委員長率いるちた改革委員会の推進が功を奏したものと思われます。

今後も100%出席をメンバー全員が意識して運動発信して参ります!

2018年度ブロックアカデミー委員会開校式

2018年1月28日

 

第1回会員会議所会議とブロックアカデミー委員会開校式に参加して参りました。

 

本年度、知多青年会議所からアカデミー生として出向するのは

・高橋秀政君(林塾)

・坊タクヤ君(寺嶋塾)

今年のアカデミーの法被は野球のユニフォーム調になっており、二人とも野球選手のようでした。カッコいいですね!

 

昨年度、アカデミー委員会の委員長として出向していた鈴木理事長は、アカデミー委員会の重要性と大変さを誰よりも理解しているので、二人の塾長に対し、知多青年会議所の二人の塾生を宜しくお願い致します!!と力を込めてご挨拶しておりました。もちろん塾長から「任せて下さい!!」との意気込みを語っていただきましたので、二人の成長が楽しみです。

 

ブロックアカデミー委員会では、JCとは?JAYCEEとは?を学べる場であり、多くの友情を育める場です。二人の塾生にとってこの日の「出会い」が人生において大きなものとなることを切に願っております。

皆さま、高橋秀政君と坊タクヤ君を温かく応援してあげて下さい。

 


京都会議!!

2018年1月19日~21日

毎年恒例イベントではございますが、京都会議に参戦して参りました。

 

会頭挨拶、石破衆議院議員の講演、上田先輩の講演によって改めて地方創生の大切さを感じました。

私たち一人ひとりがまちのために活動することが、ひいては日本を動かし、世界の成長に負けない日本を創るために重要なのだと思いました。

そして京都会議のような事業で、「ちた」から京都に集まり懇親会をすると、いつもとは違った雰囲気を感じることができ、知多青年会議所としての結束を高めることができたと思います。

また、京都会議はちた改革委員会の高橋委員長による設営でした。手際のよい設営で、普段の彼の仕事ぶりが伺えるものだったと思います。一人ひとりが役割を持ち、頑張っていきますので宜しくお願い致します。

 


1月通常総会、新年賀詞交歓会を開催致しました。

2018年1月16日(火)

知多青年会議所2018年度 1月通常総会及び新年賀詞交歓会を開催致しました。

ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

 

【来賓の皆様】

知多市長 宮島 壽男 様

衆議院議員 環境副大臣兼内閣府副大臣 伊藤 忠彦 様 代理 伊藤 恵 様

愛知県議会議員 佐藤 一志 様

公益社団法人日本青年会議所 東海地区 愛知ブロック協議会2018年度 第60代 会長 浅野 弘義 君

常滑青年会議所2018年度 第57代 理事長 権田 浩輔 君をはじめとするメンバーの皆様

知多青年会議所2018年度 OB会 会長 久野 敏浩 先輩をはじめとするOB会員の皆様

 

また、当日のアトラクションと致しまして、知多市を中心に活躍するキッズダンスチーム「トレジャー」の皆様と知多市観光大使である梅子にもご参加いただき、会場を盛り上げていただきました。ありがとうございました。

 

知多青年会議所2018年度

第44代 理事長

鈴木 覚

 

理事長としての1年で1番最初のビッグイベント、新年賀詞交歓会での「理事長挨拶」。

スローガン

「勇猛果敢」~愛するまち「ちた」のために、泥臭く積極的な行動で切り拓け~

このスローガンを元に知多青年会議所の運動を展開して参ります。本年度は、理事長ブログを掲載しておりますので、ページ上部の「理事長ブログ」タブをクリックして是非ご覧下さい。

組織のご紹介

知多青年会議所2018年度(16名)

理事長 鈴木 覚

直前理事長兼監事 浅井 司

副理事長 森田 太郎

専務理事 飯田 裕之

総務委員会委員長兼事務局長 鈴木 祐吉

総務委員会副委員長兼事務局次長 飯田 健志

総務委員会兼事務局 委員 稲森 巧

総務委員会兼事務局 委員 高橋 秀政

ちた改革委員会委員長 高橋 啓人

ちた改革委員会副委員長 山本 駿明

ちた改革委員会 委員 都築 崇大

ちた改革委員会 委員 坊 タクヤ

ちた改革委員会 委員 山田 昌史

会員開発委員会委員長 藤澤 智

会員開発委員会副委員長 阿部 直弘

会員開発委員会 委員 山本 悠稀